行政書士試験に合格したいなら家庭教師だ!

福岡の北九州市に住む行政書士資格の家庭教師。本当に合格したいなら予備校よりも通信よりも対面の家庭教師だ!

2016年行政書士試験 お疲れ様でした!

試験から1週間経ちましたね。

自己採点の結果はいかがでしたか?

皆さんそれぞれ思うところはあるでしょうが、まずは本当におつかれさまでした。

 

まだ自己採点をしてない人は今からでもやってみましょうね。

各予備校で解答例が公開されています。

 

 

 

この記事は新ブログへ移転しました。

3秒後に自動でジャンプします。

 自己採点の結果

択一のみで180点以上獲得されている方は合格確実です。今後はこの後に何をするのか、どうするべきかを考えていくことになります。

記述式の配点は60点ですので、択一の点数が120点に届かなかった方は、残念ですが、来年の再受験を目指しましょう。

 

そして、この時期一番ドキドキしているのは120点以上180点未満のボーダーにいる方々ですね。結果発表までは思い出すたびにドキドキすると思います。

ですが、ドキドキしているだけではこの先のプランも立てられないので、記述式の採点もしてみましょう。

f:id:katekyo-gyosho:20161121022248p:plain

記述式も自己採点をすべし!

学習時に記述式対策をしていた方であればある程度の部分点のつき方が予想できると思います。もちろん実際の本試験の採点がどうなっているかわからないので、目安・予想にしかなりません。

しかし、その予想点に従って次の行動を始めないと結果発表までの時間を無駄にすることになります。

部分点の揺らぎまで考えると、記述式の点数まで合わせて196〜200点あればほぼ合格と考えていいのではないでしょうか。

早めに学習をスタートして!

200点以下の方は、再度学習を始めておきましょう。ひとまずは試験前のようなカツカツの学習プランに戻す必要はないので、今年覚えた知識を忘れないようテキストを読むようにしてください。

日を空けるごとに学習したことを忘れて、1ヶ月もすればほぼ完全に忘れてしまうと思います。

試験後休憩している方は、できれば明日にでも学習に戻ってください。今年の頑張りがすべて無駄になります。

まとめ

①択一のみでボーダーにいる方は一刻も早く記述式の自己採点

②記述式の点数まで合わせて200点越えしていない方は学習のスタートを!

 

これから年末に向けて忙しい時期になると思いますが、頑張りましょう。

 

自己採点ができない!解説をしてほしい!という方は私が採点します。

記述式の採点のみであれば無料で行ってますので、まだ採点していないという方はお気軽にご連絡下さい。採点についてはメールでのやり取りのみで行います♪

☆★☆お問い合わせはこちら☆★☆