読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士試験に合格したいなら家庭教師だ!

福岡の北九州市に住む行政書士資格の家庭教師。本当に合格したいなら予備校よりも通信よりも対面の家庭教師だ!

行政書士試験一般知識対策!社会保障

行政書士試験 行政書士試験-一般知識対策

みなさんこんにちは。学習の完成具合はいかがですか?

10月13日。あと試験まで1か月ですね。ドキドキしてきました。

後悔しないように、そろそろ体調を整えておきましょう。

 

さて、今日は一般知識の対策として、「社会保障」の制度についての解説です。

もちろん試験対策の知識としてだけではなく、万が一の際に私たちも利用できる制度なので覚えておきましょう!

 

社会保障制度とは

ざっくりいうと、例えば病気やケガ、失業など様々な原因で困っている人を助けるための制度です。

日本の社会保障制度は「社会保険」「公的扶助」「社会福祉」「公衆衛生」の4つのカテゴリーに分けられます。

 

社会保険

みなさんも求人情報を目にしたことがあると思います。その中に「社保完備」と記載のある会社がありませんでしたか?その「社保」が社会保険のことです。

具体的には医療保険②年金保険③雇用保険労災保険介護保険の5つになります。

ここでは⑤介護保険に注意です。超高齢社会といわれる現代では、とても身近な保険ですね。

介護保険

社会保険料が給与から控除されている方も多いと思いますが、若い方は介護保険料は控除されていません。介護保険は40歳以上を対象としているからです。

また、第一号被保険者(65歳以上)と第二号被保険者(40歳以上65歳未満)に分けられます。

ここで、どうして「65歳」で区分されているのか考えてみてください。

わかりますか?答えは、世界保健機関(WHO)において、65歳以上が高齢者であると定義されているためです。(ここから連想ゲーム的に国連の機関について調べていけば覚えやすいです。一般知識の学習のコツですよ!)

保険者は市区町村で、保険者ごとに保険料率が異なります。

そして、被保険者が保険給付を受ける際には要支援認定1・2、要介護認定1~5までの7段階の認定を受ける必要があります。

 

公的扶助

日本における公的扶助としては、生活保護制度があたります。

内容としては、衣食住の保障としての生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、葬祭扶助等があります。

また、昨年度に問われたものとして、生活困窮者自立支援法という法律があります。これは生活困窮者の家計相談支援や就労訓練、住居がない方への一時生活支援などを内容としています。連続して問われる可能性は低いと思われますが、余裕がある方は確認しておいてください。

 

社会福祉

児童や高齢者、障碍者福祉を内容としています。福祉専門職員による相談・介護などの人的支援サービスがメインとなります。

例えば児童福祉では出産・子育て支援や保護者のいない児童の養育などです。

 

公衆衛生

感染症の予防や生活習慣病対策など国民全体の健康の向上を目的とします。保健所などで組織的に行われる活動のことです。言葉を知っておけば問題ないです。

近年話題になる空き家問題については、景観ももちろん、この公衆衛生も悪化するため問題となっています。空き家についても昨年度の試験で問われています。

 

いかがでしょうか。社会保障制度のポイントとなる部分は以上です。とにもかくにも「社会保険」の分野が一番重要です。特に介護保険については過去数回問われていますので、必ず押さえておきましょう。

 

ところで家庭教師ユイでは一般知識のみの講義もやらせていただきます。

試験までラスト1か月。全てを出し切るために、一緒に頑張りましょう。

 

katekyo-gyosho.hateblo.jp

 

 

 

行政書士試験一般知識対策!選挙制度

行政書士試験 行政書士試験-一般知識対策

お久しぶりです。ユイです。更新さぼってしまってすみません。

もう今年度の試験まで残り少なくなってきましたね!

この時期のスケジューリングがとっても大切なので、一度見直してみてくださいね。

 

では本題です。

ちょっと前のお話ですが参議院選挙がありましたね。

この選挙制度は一般知識の問題として問われたことがあります。

ここで復習しておきましょう。

     f:id:katekyo-gyosho:20160924035021j:plain

小選挙区制と大選挙区

一つの選挙区から代表者が何人選出されるかで区分が変わります。

小選挙区制⇒代表者を1人選出

大選挙区制⇒代表者を2人以上選出

 

小選挙区制と大選挙区制の特徴はそれぞれ対比させて覚えましょう。

それぞれの長所と短所がほぼ反対となってます。

小選挙区

【長所】

①政局の安定(小党分立を防ぐ)⇒二大政党制が成立しやすい

有権者候補者の人格等をよく知りやすい

③選挙費用が少額になりやすい

【短所】

死票が多い

②少数党の候補者が選出されにくい

ゲリマンダー(自党や特定の候補者に有利となるように選挙区を定めること)の危険性が高い

大選挙区

【長所】

死票が少ない

②少数党の候補者も選出されやすい

候補者の選択の幅が広い

【短所】

①政局が乱れやすい(小党分立になりやすい)

有権者候補者の人格等を知りにくい

③選挙費用が高額になりやすい

 

比例代表制

各政党の得票率に応じて議席を配分する方法です。

【長所】

死票が少ない

有権者の意思を反映させやすい。

【短所】

①政局が乱れやすい(小党分立になりやすい)

 

大選挙区制の長所・短所とほぼ同じです。(特に拘束名簿式の場合には)政党を選ぶ選挙方法となるため、有権者候補者とのつながりが弱くなります。

 

拘束名簿式=衆議院議員選挙

政党の候補者名簿の上位者から当選者を決定する方法です。有権者政党名を書いて投票し、各政党の投票率に応じて議席が配分されます。

非拘束名簿式=参議院議員選挙

候補者名簿に順位をつけず、個人名の得票数が多い順に当選者を決定する方法です。有権者政党名または候補者名のどちらでも投票できます。候補者名の投票は各政党の投票数となります。

 

さて、簡単にではありましたが以上が選挙制度の解説となります。

行政書士試験の対策としてだけではなく、私たちの生活でたびたび登場する知識ですね。今年は参議院議員選挙だったので、選挙区制と非拘束名簿式比例代表制で選挙が行われたわけです。

もちろん試験で問われてもいいようにそれぞれの長所・短所を整理しておいてください。併せて憲法の復習として票の格差についてもチェックしてください!

 

では今回はここまでです。

本年度合格を目指す方、来年度合格を目指す方どちらも指導しています!

もし勉強してて不安があるなら、すぐご相談ください。初回面談時にも学習方法のアドバイスをしています。

ご予約・お問い合わせはお問い合わせフォームからどうぞ!⇒お問合せ

★☆★

katekyo-gyosho.hateblo.jp

行政書士専門の家庭教師ユイについて

家庭教師 家庭教師-ご案内

「いらすとや」さんから画像を借りました。かわいい!f:id:katekyo-gyosho:20160229142053p:plain

 

行政書士試験専門の家庭教師のユイです。

行政書士試験に合格したい方、勉強の仕方がわからなくて講座の受講をお考えの方。

ぜひ私にご相談ください。

連絡先 gyoseisyoshi.katekyo@gmail.com

もしくはお問い合わせフォームからどうぞ!

詳しい内容は続きをご覧ください。

 

 

続きを読む

3か月で合格!試験直前対策講座を開始しました

家庭教師 家庭教師-ご案内

もう7月も半ばですね。最近は雨も多く蒸し暑い日が続いています。

皆さんの体調はいかがでしょうか。

辛いときには無理して悪化させるより、早めに休息を取りましょうね。

試験まであと3か月半ですが、かなり余裕があるので焦らないようにしましょう。

 

3か月で合格点を取る

f:id:katekyo-gyosho:20160713165232j:plain

このブログでは行政書士試験に向けての勉強法や、一般知識対策としての時事ネタをお伝えしています。

繰り返しお伝えしていますが、行政書士試験は基準点を取れば合格できる試験です。すでに勉強をされているなら、もう合格圏内に入っている方もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、以前の私のように勉強を始めたばかり、もしくはまだ勉強しようかなと計画段階の方もいらっしゃると思います。

ご安心ください。

今から勉強を始めても合格することは可能です。

 

出るポイントのみ勉強する

合格するためには試験で問われるところだけ知っていればいいんです。何を当たり前のことをと思われるかもしれませんが、このポイントを忘れている方は多いです。

しかし、どこが出るのかわからない、とお悩みの方もいるでしょう。

 

そんな時は私にご相談ください。

大事な部分だけお教えします。満点を取ろうが合格点ギリギリを取ろうが合格には変わりありません。

大切なのはポイントを押さえた効率のいい学習です。

今から始めれば必ず間に合います。お早目にお問い合わせください。

 

料金・時間

直前期のみの講座なので、普段よりお安くなってます。

1時間当たり 45003150円 30%オフ!

※昼12時~夜22時まで対応可能です。

※1週間に2時間が通常の学習プランですが、学習の進行度等によって回数・時間の増加・減少も可能です。スケジューリングの時にご相談しましょう。

※テキストは市販のものを使用します。

※最寄駅への交通費を別途いただきます。

 

希望科目のみの講義も行ってます

直前対策講座中も通常通りの講義は受け付けています。

不安な科目のみ学習したい、月に1度の講義で来年の試験を目指したい。

そんな方もご相談ください。

 

まずはお問い合わせをお待ちしています。

一般知識対策!マイナンバー

行政書士試験 行政書士試験-一般知識対策

以前の記事で一般知識は日々の積み重ねが大切だとお伝えしました。

夕方や夜のニュースを毎日見ていれば、政治・経済・社会の問題のある程度は正解できます。(もちろん「ある程度」であり、ニュースだけで全て正解できるものではありません。)

ただし、日々ニュースは多く流れていますので、その中から取捨選択することも難しいと思います。そこで私が気になったニュースを独断と偏見で取り上げて、このブログで紹介していきたいと思います。

 

まず第一回目。

みなさんご存知かと思われますが、「マイナンバー」についてです。

参考リンク:マイナンバー社会保障・税番号制度

 

マイナンバーをさらっと解説

マイナンバーは①「行政を効率化」し、②「国民の利便性」を高め、③「公平かつ公正な社会を実現」する社会基盤として導入されました。

(これらのキーワードは行政書士試験の学習の中で結構大事です。意識するといいですよ)

平成27年(2015年)10月から私たち国民一人ひとりに通知がされています。誤配や通知の遅れなどでニュースになっていて、一時期は毎日のように耳にしていましたね。

 

プラスアルファとして、このマイナンバーは「住民票」を持っている人に、住民票に登録されている住所に送られています。「中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知」されているということがポイントです。

住民基本台帳制度が外国人住民の方に適用されるか否かという問題が出たことがあります。

 

マイナンバーの利用場面

マイナンバーは社会保障「税」「災害対策」の分野で利用されます。会社に勤めている方はマイナンバーを提出するように求められましたね。これは健康保険や源泉徴収の手続きを会社が行っているために必要なのです。

もちろんマイナンバーを不正に入手・提供をするのはNGです。

国としての個人情報保護対策として、個人情報はマイナンバーと紐づけて特定の機関で一元管理をするのではなく、それぞれの機関で保管をし、必要に応じて他の機関に照会・提供をする「分散管理」となっています。

 

また、マイナンバーの通知の際、「通知カード」がお手元に届きましたね。これとは別に、「個人番号カード」という顔写真付きのカードを申請することができます。

個人情報カードは身分証として利用できるほか、ICチップが搭載されていて「電子証明書」が入っています。

 

予定されるサービス(おまけ)

平成29年(2017年)1月を目途として「情報提供等記録開示システム」というインターネット上のサービスが予定されています。このシステム上で、個人情報をいつ、誰が、なぜ提供したのか、行政機関が持つ自分の個人情報の内容はどうなっているのか等確認できる予定のようです。

 

以上マイナンバー制度の重要そうな部分、キーワードを抜き出してみました。

これらの情報はすべて内閣官房の「マイナンバー 社会保障・税番号制度」HP内にあるマイナちゃんのマイナンバー解説からの抜粋です。冒頭に挙げた参考リンクのページにあるPDFです。マイナちゃんがかわいいのでぜひ一度目を通してください。

 

こんな感じで気になったニュースはちょこちょこっとキーワードを抜き出してメモしておくと試験直前期に役に立ちます。

スマートフォンのメモ帳にでも、ぜひ。

f:id:katekyo-gyosho:20160413031102j:plain

 

★生徒さんには講義の休憩タイムとして時事ネタ話してます★

家庭教師のユイへのお問い合わせはこちらにどうぞ!

katekyo-gyosho.hateblo.jp

お問い合わせはこちら

家庭教師 家庭教師-ご案内

家庭教師ユイへのご質問などはこちらからお問い合わせください。

続きを読む

行政書士試験の勉強法!行政法編

行政書士試験 行政書士試験-勉強法

お久しぶりです。

最近忙しく、なかなか記事を書くことができませんでした。申し訳ございません。

ご覧いただいている皆様のおかげでお問い合わせもかなりいただいております。

現時点では2枠あいておりますので、行政書士試験の受験を考えていらっしゃる方は是非お問い合わせを!!

 
では、行政法の勉強法です。
 

行政法という法律は存在しない

学校の社会科を思い出してみましょう。権力分立という言葉を習いませんでしたか?
日本は司法権立法権行政権と国家の権力を3つに分けて運営されています。このうち、行政権に属する法律のことをひとまとめにして行政法と呼んでいます。
 
ではその全てを勉強しなくては合格できないのかというと、もちろんそんな事はありません。
行政の基本的な仕組みと、行政事件訴訟法など試験で問われるポイントは決まっています。
そこだけ抑えておきましょうね。
 

用語の定義を抑える

行政法では特に大事です。法律用語は日常的に使っている言葉とは違う意味で使われる言葉もありますが(代表的なものが悪意と善意ですね)、
行政法では特にそういった言葉に対する意識が大切となりますので、条文中で出てくる定義には注意をしましょう。
 

法改正に注意

行政法分野では、法改正がよく行われています。その為古いテキストを使う場合でも、行政法だけでも新しいテキストで勉強しましょう。もしくは法改正をこまめにチェックして、必ず新しい情報を仕入れる必要があります。
 
例年その年の4月1日までに施行される法律から試験が行われます。改正があったところは問われることが多いですので、意識して抑えるようにしましょう。
 
ちょっと短いですが行政法についてはここまで。基本は条文を抑えていくことがメインとなります。
行政書士試験で一番大切な科目です。
しっかり時間をかけて勉強しましょう。